「デジカメで写真は撮ったんだけど、どうやって365カレンダーにアップしていいかわからない!」 せっかく撮った写真もパソコンに取り込んで、365カレンダーにアップロードしなければ、カレンダーとして見ることができません。
そんなパソコン・デジカメのビギナーの方々がよくつまずく、パソコンへ写真を取り込む方法や編集方法、アップロード方法などを図入りで紹介します。これを機会にしっかりマスターしてください!

写真は撮った! まずはパソコンに取り込もう

取り込み方法は、大きくわけて2つがあります  デジカメに付属しているUSBケーブルで取り込む方法  カードリーダーで取り込む方法 

デジカメ付属のUSBケーブルで取り込む方法は、ケーブル1本あればOKなので、そのシンプルさが最大のメリットです。また、デジカメに付属しているので、新たに機器を買い足す必要がないのもウレシイですね。
ただし、機種によっては、デジカメのバッテリーが切れると取り込めなくなってしまうものもあるので注意が必要です。

一方、カードリーダーは、デジカメ本体がなくても取り込める点が便利です。はじめからメモリーカードスロットなどを装備しているパソコンもあります。
だだし、カードリーダーが付いていないパソコンの場合は、別途、カードリーダーを購入する必要があります。

今回は、よりシンプルな「デジカメに付属しているUSBケーブルで取り込む方法」を解説していきます。

デジカメに付属しているUSBケーブルで写真を取り込む

用意するもの パソコン本体 デジタルカメラ USBケーブル

Windows XPの場合

説明画像をクリックすると拡大されます。

1. パソコン側の準備をしよう

デジカメを付属のUSBケーブルで、初めてパソコンと接続する際には、パソコン側に準備が必要です。多くの場合はデジカメに、ドライバや転送ソフトが付属しています。
まずは、マニュアルに従ってインストールしましょう。

ドライバ 【デバイスドライバ】:周辺機器をパソコンで動作させるためのソフトウェア。OSが周辺機器を制御するための橋渡しを行う。ドライバをインストールしないとデジカメ画像をパソコンに正常に取り込めません

2. デジタルカメラとパソコンをケーブルでつなぎます

3. デジタルカメラの電源を入れます

デジタルカメラによっては、ケーブルをつなぐだけでよい機種もあります

4. ウィザード画面が現れますので、画面に従ってパソコンに画像を取り込みましょう

「コンピュータにあるフォルダに画像をコピーする」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

「スキャナとカメラのウィザード」画面が現れます。「次へ」をクリックします。

コピーする画像にチェックを入れて選択します。(この画面で画像の向きを変更することもできます)

・画像の保存場所(
・画像のグループ名:画像を保存するフォルダ名を入力し、「次へ」をクリックします。

保存場所を指定しない場合は、マイドキュメントの中のマイピクチャに保存されます。保存場所を変更する場合は、「参照」ボタンをクリックして、保存場所を選択してください

「作業の終了」を選択して、「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックします。

以上でデジタルカメラの写真が、パソコンに取り込まれました。
確認してみましょう。

デスクトップのマイドキュメントをダブルクリックし、さらにマイピクチャをダブルクリックします。

5. デジタルカメラの電源を切って、ケーブルを外しましょう

このページの一番上へ

Windows Me、Windows 2000の場合

説明画像をクリックすると拡大されます。

1. パソコン側の準備をしよう

Windows XPの場合と同様に、デジタルカメラを付属のUSBケーブルで、初めてパソコンと接続する際には、最初に、デジカメに付属しているドライバや転送ソフトを、マニュアルに従ってインストールしましょう。

2. デジタルカメラとパソコンをケーブルでつなぎます

3. デジタルカメラの電源を入れます

4. マイコンピュータから、画像を取り込みます

デスクトップ上の「マイコンピュータ」をダブルクリックします。リムーバブルデバイスの「E:」をダブルクリックして開きます。
使用環境によって、リムーバブルデバイスの記号や名前が自動的に変わります

DCIMフォルダの中に、画像ファイルが格納されていますので、「DCIM」フォルダごとドラッグしてパソコン上にコピーします。(ここではデスクトップにコピーします)

「DCIM」上にマウスを移動して、右クリック「名前の変更」を選択します。フォルダにわかりやすい名前をつけて管理しましょう。

以上でデジタルカメラの写真が、パソコンに取り込まれました。

5. デジタルカメラの電源を切って、ケーブルを外しましょう

このページの一番上へ

取り込んだ画像サイズを変更したり、切り抜いたりしよう

365カレンダーにアップできる画像は、2MBまでです。最近のデジタルカメラは性能がいいものが多いので、2MBを超えてしまう場合もあります。
その場合は、画像サイズを変更してファイルサイズを小さくしましょう。
また、撮った写真に不要な部分があったりする場合は、切り抜き(トリミング)をして、加工することをおすすめします。

1. 画像処理ソフトのインストール

画像に手を加えるには、画像処理ソフトが必要になります。デジタルカメラに付属している画像処理ソフトもありますが、ここでは、無料で簡単に使える「Picasa」というソフトをご紹介します。

Picasa: Google の画像管理ソフト http://picasa.google.co.jp/intl/ja/より、Picasaをダウンロードします。

ダウンロードした「picasaweb-current-setup.exe」をダブルクリックして、インストールを開始します。

インストール画面が表示されます。画面に従ってインストールを完了させてください。

2. Picasaを起動しよう

インストールが完了したら、Picasaを起動します。最初にPicasaを起動すると、以下のような画面が表示されますので、「コンピュータの画像を完全にスキャン」を選択してパソコンに入っている画像をPicasaに読み込みます。

3. 画像の閲覧

読み込みが完了すると、写真を撮った日付けごとに画像の一覧が表示されます。アップロードするベストショットを一覧から選びましょう。

4.画像処理

画像サイズの変更
画像のファイルサイズが大きすぎる場合は、画像サイズを変更して2MB以内にして、アップロードできるようにします。

変更する写真を一覧から選び、ダブルクリックします。

「エクスポート」ボタンをクリックします。

画像サイズのスライダを動かし、画像サイズを変更します。アップロード用には、640〜1024pixelに設定するといいでしょう。OKボタンをクリックします。

エクスポートが完了すると、自動的に画像が入ったフォルダが表示されますので、画像サイズを確認しましょう。
2MB以下になっていれば、アップロードができる画像です。

※デフォルトの設定では「マイドキュメント→マイピクチャ」の「Picasaのエクスポート先」に画像が保存されます。

切り抜き
写真の重要な部分だけを切り抜きたい場合や、縦位置で撮った写真を365カレンダー用に横位置の写真にしましょう。

変更する写真を一覧から選び、左のメニューから「切り抜き」を選択してください。

13×18を選択し、画像の上の切り抜きたいところをドラッグで選択します。
次に、適用ボタンをクリックしてください。

切り抜きが完了しました。
ツールバーの「ファイル」→「名前をつけて保存」を選択し、
お好きな場所に保存してください。

Picasaには、今回紹介しただけではなく、色を調整したり、白黒にしたり、セピアにしたり、さまざまな機能がありますので、操作になれたらそのほかの機能も試してみてください。

車・バイクの写真は、ナンバーを消したりする処理が必要な場合がありますが、その処理をする場合は、Picasaの機能では行えません。「Jtrim」という無料のソフトがありますので、こちらで作業をするのが簡単です。

Jtrim: http://www.woodybells.com/jtrim.html

※Jtrimの使い方は「Jtrim Ring( http://www5f.biglobe.ne.jp/~ayum/ring/jtrimring.html)」に分かりやすい説明が載っています。


画像をアップロードしよう

ここまでできたら画像を、365カレンダーにアップロードしましょう。
⇒アップロードの詳しい方法はこちらから(http://www.365calendar.net/support/qa/07/post_63.html

このページの一番上へ