「デジカメで写真は撮ったんだけど、どうやって365カレンダーにアップしていいかわからない!」 せっかく撮った写真もパソコンに取り込んで、365カレンダーにアップロードしなければ、カレンダーとして見ることができません。
そんなパソコン・デジカメのビギナーの方々がよくつまずく、パソコンへ写真を取り込む方法や編集方法、アップロード方法などを図入りで紹介します。これを機会にしっかりマスターしてください!

写真は撮った! まずはパソコンに取り込もう

取り込み方法は、大きくわけて2つあります。

デジカメに付属しているUSBケーブルで取り込む方法  カードリーダーで取り込む方法

デジカメ付属のUSBケーブルで取り込む方法は、ケーブル1本あればOKなので、そのシンプルさが最大のメリットです。また、デジカメに付属しているので、新たに機器を買い足す必要がないのもウレシイですね。
ただし、機種によっては、デジカメのバッテリーが切れると取り込めなくなってしまうものもあるので注意が必要です。

一方、カードリーダーは、デジカメ本体がなくても取り込める点が便利です。はじめからメモリーカードスロットなどを装備しているパソコンもあります。
だだし、カードリーダーが付いていないパソコンの場合は、別途、カードリーダーを購入する必要があります。

今回は、よりシンプルな「デジカメに付属しているUSBケーブルで取り込む方法」を解説していきます。


デジカメに付属しているUSBケーブルで写真を取り込む

はじめに確認

デジカメを付属のUSBケーブルで、初めてパソコンと接続する際には、パソコン側に準備が必要な場合があります。
多くの場合はデジカメに、ドライバや転送ソフトが付属しています。
それらのソフトを使う場合はマニュアルに従ってインストールし、その後の画像の取り込み方法についてもマニュアルに従ってください。

※ドライバ 【デバイスドライバ】:周辺機器をパソコンで動作させるためのソフトウェア。
OSが周辺機器を制御するための橋渡しを行う。ドライバをインストールしないとデジカメ画像をパソコンに正常に取り込めない場合があります。

取り込んだ画像をカレンダー規定サイズに変更しよう

パソコンに取り込んだ写真のサイズが365カレンダー規程の横4:縦3の比率ではない場合、写真を切り抜き(トリミング)する編集が必要となってきます。
また、人間が写り込んでいる写真も同様にトリミングをしてからカレンダーにアップする必要があります。
そうした場合、無料で使える様々な画像編集ソフトがあります。また、デジタルカメラに画像を編集するソフトが付属していたりしますのでそれを利用して画像を編集することが出来ます。
それらの詳しい使い方はそれぞれのマニュアルをご確認ください。

このページでは【Windows7】のパソコンに最初から入っている(一部を除く)ソフトを使って画像を編集する方法を紹介します。

※画像は元に戻すことも可能ですが、念のため編集前の画像は必ず他のフォルダなどにバックアップを取っておいてください

画像の切り抜き(トリミング)

「スタート」→「すべてのプログラム」→「フォトギャラリー」の順にクリックします。

修正したい画像をダブルクリックし、ツールバーの「トリミング」を選択します。

「縦横比」→「4×3」の順番に選択してください。

四角い枠を移動(四隅の小さい四角にカーソールをあわせると枠を拡大・縮小できます)させ、切り抜きたい位置を調整します。

位置を決めたら「トリミングの適用」をクリックします。

画像は自動的に保存されます。他の画像もトリミングしたい時は右上の「ファイルを閉じる」をクリックしてください。

画像のファイルサイズを小さくする

画像のサイズが大きいと(3MB以上)カレンダーに画像をアップロード出来ない場合があります。その場合は以下の手順でファイルサイズを小さくすることが出来ます。

画像を選択後「プロパティ」→「サイズ変更」をクリックします。

「サイズの選択」で「大:1280」を選択し「サイズを変更して保存」をクリックしてください。

画像をアップロードしよう

ここまでできたら画像を、365カレンダーにアップロードしましょう。

アップロードの詳しい方法はこちら
http://www.365calendar.net/support/qa/07/post_63.html

このページの一番上へ